ここから本文です

くまもと乳腺・胃腸外科病院 病院のご案内

心を癒す空間で思いやりのある医療を

     
    くまもと乳腺・胃腸外科病院は平成23年1月1日熊本消化器外科・村本病院と乳腺専門クリニックの坂口外科クリニックが診療統合し、開業致しました。当院では、ご来院される方々が安心して診察・治療を受けていただけるよう、専任のコンシェルジュを配置し、患者様や付き添いの皆様をご案内させていただいております。また、院内にはシステム家具を備えた病室を始め、カフェテリアやラウンジ、さらに3階の屋上部分にはガーデンラウンジを設け、患者様が少しでも、リラックスして療養できるよう、快適なアメニティ空間の確保にも力を入れています。心を癒すゆったりとした空間で、温かく思いやりのある医療を実践し、全スタッフがひとつになって患者様やご家族を支えて参ります。

ケモトピア 化学療法の理想郷

    当院が掲げる「ケモトピア」とは、化学療法(ケモトテラピィ)の理想郷(ユートピア)という意味の造語です。私たちは「がん」という病気に真正面から取り組み、患者様の病気に対する不安を少しでも和らげ、お元気になられるよう、スタッフ一同お手伝いしていきたいと考えております。

開放型病院の許可を取得

    当院は「開放型病院(5床)」の認可を取得しております。 このシステムは、病院の施設や機能を事前に登録した医師(開業医)に開放し、登録医の先生方が診察している患者さんが、入院治療や手術が必要になった場合、当院に患者さんをご紹介頂き、入院しながら共同で治療に当たるという診療システムです。 現在、熊本市内の26人の先生方が登録され、共同指導に当たられています。
ページトップへ