ここから本文です

 胃腸科外来

内視鏡検査

    当院消化器外来は、腹腔鏡手術の専門施設として、3,000例を超える豊富な手術実績をもち、その内1,800例余りを腹腔鏡下で行っています。主な腹腔鏡手術の症例は、胆嚢摘出術・虫垂切除術・鼠径ヘルニア根治術などで、胃がん・大腸がんなどの手術も腹腔鏡下で行っています。
    外来での検査は、診断と初期治療に十分な設備を整え、ゆったりとした環境で上・下部消化管内視鏡検査や超音波検査を受けて頂けます。できるだけ楽に検査を受けて頂けますよう工夫しています。
    担当医:院長 澤田 俊彦

患者様の肉体的・精神的負担を軽減


    腹腔鏡下の外科手術は、内視鏡の一種である腹腔鏡と呼ばれる医療器具を用い、全身麻酔下に腹壁に小切開を数ヵ所加え、腹腔鏡で写し出された映像を観察しながら患部を摘出する手術です。患者様にとっては従来の開腹手術に比べ、体へのダメージが少なく、回復が早いことから肉体的、精神的な負担が大幅に軽減される利点があります。

増加する鼠径(ソケイ)ヘルニア修復術「TEP法」

    この腹腔鏡を用いた手術で最近増加しているのが鼠径(ソケイ)ヘルニア修復術「TEPP法」です。全身麻酔下で腹部に0.5㎝と2㎝の穴を計2ヵ所開け、腹腔鏡で写し出された患部の映像を見ながら筋膜の開いた部分をメッシュシート(人工膜)でふさぐ方法で、出血や術後の痛みも少なく、入院も1~2泊程度で済みます。自覚症状がある方は、早めの受診をお勧めします。

ページトップへ